オリエンタルランドは19日、運営する東京ディズニーランド(千葉県浦安市)と東京ディズニーシー(同)の時短営業を7月11日まで継続すると発表した。今月21日以降は千葉県の基準で1組2人までの酒類提供が可能になるが、レストランフロアでの人数確認が難しいとしてアルコールメニューの解禁は見送る。

 平日、土日とも午前10時~午後7時の営業時間を維持する。時短営業の期間は、千葉県での新型コロナウイルスまん延防止等重点措置の期限に合わせた。

 入場者数は引き続き、それぞれ1日原則5千人以下で運営する。5月17日に開園を1時間遅らせ、閉園は1時間早めていた。(共同通信)