囲碁の第8期会津中央病院・女流立葵杯3番勝負の第2局は19日、福島県会津若松市で打たれ、藤沢里菜女流立葵杯(22)が219手で挑戦者の上野愛咲美女流棋聖(19)に黒番中押し勝ちし、2連勝で5連覇を達成、挑戦手合制で女流本因坊、女流名人と合わせ三冠を堅持した。

 藤沢里菜女流立葵杯

 藤沢女流立葵杯は5連覇により、「名誉女流立葵杯」の資格を獲得した。自身初の名誉称号で、女流立葵杯では初の名誉称号有資格者となる。名誉称号は現役で60歳になった時などに名乗ることができる。(共同通信)