【平壌、北京共同】北朝鮮は19日、故金正日総書記が朝鮮労働党中央委員会で活動を始めたとされる日から57周年の記念日を迎えた。故金日成主席と金正日氏の銅像が立つ平壌中心部の万寿台の丘には朝から市民や軍人が訪れて献花した。

 万寿台の丘に立つ故金日成主席(左)と故金正日総書記の銅像へ献花に訪れた市民ら=19日、平壌(共同)

 党機関紙、労働新聞は金正日氏が党を強化発展させたと称賛し、権力を継承した金正恩総書記への忠誠を訴えた。

 新型コロナウイルスに対する非常防疫体制が維持されており、市民らはみなマスク姿だった。(共同通信)