サッカー明治安田生命J2第19節第1日は19日、各地で6試合が行われた。4位のFC琉球は岡山県のシティライトスタジアムで14位のファジアーノ岡山に0―3で敗れた。通算成績は11勝4分け4敗で4位のまま。首位の京都サンガF.C.と得失点差2位のジュビロ磐田との勝ち点差を4に広げられた。

(資料画像)FC琉球のロゴマーク

 琉球は持ち前のパスワークで岡山ゴールに迫り、FW清水慎太郎や阿部拓馬が絡んで決定機をつくったが相手GKに阻まれた。同42分、元琉球の岡山FW上門知樹に先制点を奪われ、後半も主導権を握りながら16分に2失点目。同39分には左サイドを破られ、0―3と引き離された。

 後半20分からFW赤嶺真吾とMF茂木駿佑、風間宏希が交代出場。28分にはFW上原慎也、36分にはMF市丸瑞希を投入して得点を狙ったが、堅い岡山の守備をこじ開けられなかった。

 次節は26日午後6時半から、タピック県総ひやごんスタジアムで松本山雅FCと対戦する。