【東京】沖縄戦の体験者から聞き取りした内容をパネルにまとめた「沖縄の戦争展」(主催・戦場体験放映保存の会)が18日、文京区春日の文京シビックセンターで始まった。20日まで、入場無料。

沖縄戦の体験者が描いた絵や証言をまとめたパネルが並ぶ「沖縄の戦争展」=18日、東京都文京区・文京シビックセンター

 体験者が描いた絵や米軍が撮影した写真で、当時の様子を紹介。遺骨収集の様子を撮影した写真も展示し、沖縄戦遺骨収集ボランティア「ガマフヤー」の具志堅隆松代表が12日に行ったオンライン講演会の映像も流している。

 同会は2011年から沖縄戦体験者の聞き取りを実施。これまでに100人以上の証言をまとめた。12年からボランティアで聞き取りを行っている庄島サトミさん(48)は「証言してもらえる人が年々少なくなっている。生の証言に触れ、沖縄戦について多くの人に知ってほしい」と話し、来場を呼び掛けた。