[フォローアップ] 次期衆院選の出馬に意欲を示す下地幹郎衆院議員(無所属)の自民党復党を求め、沖縄県内経済界有志が9日、4817人分の新規入党申込書を党本部に提出した。党勢拡大に貢献したとのアピールだが、党幹部は「復党は別問題」と冷ややかに見る。県連の門戸も厳しい。