沖縄県うるま市昆布にある米陸軍貯油施設の貯水槽から消火汚水が漏出した事故で、うるま市は21日、天願川に接続する水路から有機フッ素化合物PFOS(ピーホス)とPFOA(ピーホア)が合計で、国の暫定指針値(1リットル当たり50ナノグラム)の2・6倍となる130ナノグラム検出されたと発表した。