[未来支える]

武富和彦社長(右端)に寄付金を手渡す新城伸子会長(左から3人目)ら=21日、那覇市・沖縄タイムス社

 人権と女性の地位向上のため活動する国際ソロプチミスト沖縄の新城伸子会長らは21日、沖縄タイムス社を訪れ、県内の子どもの貧困解消に取り組む「沖縄こども未来プロジェクト」(代表・武富和彦沖縄タイムス社長)に10万円を寄付した。

 4月に県内で予定していた九州・沖縄の会員の研修大会が新型コロナウイルスの影響でオンライン開催となり、大会の一環でウェブ販売した県産品の売り上げの一部を寄付した。

 新城会長は「社会が厳しくなると子どもなど弱者から影響を受ける。私たちも民間団体として協力するので、しっかりと役立ててほしい」と話した。

 武富社長は「プロジェクトの初期から協力をいただいたことで支援の輪が広がった。思いを受け止めて子どもに届ける」と感謝した。