日本車いすラグビー連盟は21日、初優勝の期待がかかる東京パラリンピックの代表内定12選手を発表し、主将の池(日興アセットマネジメント)やエースの池崎(三菱商事)ら銅メダルを獲得した前回リオデジャネイロ大会の主軸のほか、初出場となる女子の倉橋(商船三井)も名を連ねた。