財務省の決裁文書改ざんを巡る訴訟の原告側によると、国側から開示された赤木ファイルを含む文書の分量は500ページを超える。(共同通信)