アラームの音が聞こえ、省吾(しょうご)は目を開けた。枕元に置いたスマホで時間を確認すると、午後七時半だ。  もう少ししたらホテルから出かけたほうがいいだろうと、眠い目をこすりながら省吾はベッドから起き上がった。