米軍横田基地(東京都)のオスプレイが山形空港に緊急着陸し、見物人で混雑しているとした同県の18日のツイッターに対し、沖縄県議会てぃーだ平和ネット所属の玉城健一郎県議が19日、自身のアカウントで「山形空港の新たな観光資源になるのでは」などと投稿した。赤嶺昇議長は22日の県議会で、問い合わせが県議会事務局に数件寄せられているとし「今後どう対応できるかを検討したい」と述べた。

(資料写真)嘉手納基地に着陸する米軍横田基地配備のCV22オスプレイ=2021年4月(読者提供)

 島袋大氏(沖縄・自民)が投稿を問題視し、赤嶺議長に対応を求めた。

 玉城氏は19日、ツイッターに「普天間飛行場をぜひ山形へ。オスプレイだけでなく、様々な軍用機が観れるし、頻繁に外来機の戦闘機も飛来します。オスプレイだけで混雑する山形空港の新たな観光資源になるのでは」(原文まま)と投稿した。

 玉城氏は22日、報道陣の取材に「一個人の見解で、沖縄の基地問題を分かってほしかった。表現が至らず反省しないといけない」と述べた。