厚生労働省は23日、仕事が原因でうつ病などの精神障害を患い、2020年度に労災認定されたのは前年度比99件増の608件だったと発表した。2年連続で最多を更新。原因別ではパワーハラスメントが99件と最も多かった。(共同通信)