日本オリンピック委員会(JOC)は23日、東京五輪でメダル獲得を期待されるバドミントン男子の桃田賢斗(NTT東日本)ら3選手のドキュメンタリー映像の公開を東京都新宿区の五輪博物館「日本オリンピックミュージアム」で始めた。

 公開されたドキュメンタリー映像に映るバドミントン男子の桃田賢斗=23日、東京都新宿区の日本オリンピックミュージアム

 国際オリンピック委員会(IOC)創設を記念する「オリンピックデー」に合わせた企画展の一環。計4分間の映像には他にレスリング女子の川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)、重量挙げ女子の三宅宏実(いちご)が登場している。新型コロナウイルス禍で五輪が延期された時の心境や、どう競技に向き合ってきたかを語っている。(共同通信)