わが家と同じ町内に小さな美容室があって、通りからガラスの向こうにふたりの女性美容師の姿は見えてはいた。でもなかなか足を踏み入れる勇気がないまま、ある日のこと、思い切って扉を押し開いた。