消費税の税抜き価格だけの表示を認める特例措置が終了し、4月から書籍でも消費税込みの「総額表示」が義務付けられた。措置の延長を求めてきた出版業界団体は、総額表示の義務化に合わせてガイドラインを作成。出版各社も書籍の帯に総額を表示するなどして、それぞれに対応している。