本州の主要都市に物流拠点を構える加勢グループ(大阪市、風間國義社長)は9月から、県内で通信販売から宅配まで一貫して手掛けるビジネスを始める。糸満市西崎に開設する物流拠点「琉球フォースパーク」を中心に、本島内に小口配送網を構築する。県内外から集めた食品や雑貨、家具、アパレルなど豊富な商品を独自の通販サイト「琉2(リュウツー)マーケット」で手軽に注文でき、早く、安く届ける体制を整える。(政経部・島袋晋作)

 新型コロナウイルス感染拡大で在宅時間が増え、通信販売需要は好調に推移している。日本通信販売協会(JADMA)が会員企業124社を対象に集計した2021年4月の通信販売売上高は、前年同月比で10・7%増えた。

 一方で、沖縄は全国と比べて送料が高く、配達にも時間がかかる。加勢グループは、沖縄で早く配達できる機能を構築すれば、...