玉城デニー知事は23日、沖縄全戦没者追悼式後、糸満市摩文仁の平和祈念公園で遺骨収集ボランティア「ガマフヤー」の具志堅隆松代表と面会した。具志堅代表は、名護市辺野古の新基地建設に戦没者の遺骨が混じった土砂が使われる可能性があるとして、沖縄防衛局の辺野古埋め立て変更承認申請を不承認とすることを求めた。知事は「しっかり考えたい」と述べるにとどめ、不承認を明言しなかった。

 具志堅代表は記者団の取材に、思いは伝えられたとした上で「表現としては足りない。...