【東京】加藤勝信官房長官は23日の記者会見で、沖縄が慰霊の日を迎えたことに「筆舌に尽くしがたい困難、癒えることのない深い悲しみを胸にしっかり刻み、戦争の惨禍を二度と繰り返してはならない」と述べた。一方、沖縄の基地負担軽減に関しては「辺野古移設を着実に進める」と従来の見解を改めて示した。