【東京】全国超党派の自治体議員団は23日、沖縄戦戦没者の遺骨を含む土砂を基地建設に使用しないよう求める要望書を、防衛省などに提出した。議員団は同日、国会内で記者会見し「南部で亡くなった方の遺骨を使うことは人道上も許されない」と訴えた。同日までに36都道府県から248人の議員や元議員が賛同。