沖縄県議会(赤嶺昇議長)の代表質問で玉城デニー知事は24日、米軍や自衛隊基地などの安全保障上重要な施設周辺の土地利用を規制する「土地規制法」に関し「法の運用が、県民の基本的人権の侵害や、社会経済活動の支障となることがないよう、国の動向を注視したい」と述べ、法律の運用に懸念を示した。

答弁する玉城デニー知事=24日、沖縄県議会

 知事は「安全保障の観点から、重要な防衛関係施設等の周辺や、国境離島等の土地の利用実態を調査し、必要に応じて利用を規制する法律」と説明。その上で、沖縄弁護士会がプライバシー権や思想良心の自由など基本的人権が侵害されるおそれがあるとしていることや、北谷町議会が廃止を求める意見書を可決するなど、反対の声があることに触れた。

 政府が目指している泡盛の国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産登録に関し、知事は「泡盛文化の保存、継承に寄与する。沖縄の国内外における認知度向上につながるものと期待される」と指摘。「泡盛業界や沖縄国税事務所と連携し、県民の機運醸成を図るなど、登録の実現に向けて取り組む」と意欲を示した。花城大輔氏(沖縄・自民)への答弁。