沖縄県の玉城デニー知事は24日の県議会(赤嶺昇議長)6月定例会代表質問で、政府が18日に閣議決定した「骨太方針」で沖縄振興を「国家戦略」と位置付けたことに関し「楽観視することなく取り組んでいきたい」と述べ、高率補助制度や沖縄関係税制など特別措置の継続を求める考えを示した。