【東京】前沖縄担当相の衛藤晟一参院議員は24日、自民党沖縄振興調査会の会合後、沖縄の子どもの貧困問題について、被差別部落の貧困問題と「似たところがある」などと持論を述べた。衛藤氏は「貧困の連鎖」が共通しているとの趣旨で発言したが、沖縄は戦後の米軍統治下を経て、子育て支援など社会保障制度の整備が遅れた特殊事情があり、識者は「歴史を理解していないのか」と指摘している。

 衛藤氏は子どもの貧困が解消されないことに「(沖縄は)革新系も新聞も基地問題ばっかりだ」と主張。「自民党もインフラ整備や産業構造に頭が行き過ぎて、社会保障を誰もしない。それはやはりきちんとやらないといけない」とも述べた。また「同和地区では良い学校に行けず良いところに就職できないなど、貧困の連鎖がある」と言及。「(沖縄でも)子どもの貧困と言うが、実態は親の貧困。目をそらさず本気でやれば(解消)できる」との考えを示した。...