政府は24日に発表した6月の月例経済報告で、国内景気の現状について「持ち直しの動きが続いているものの、一部で弱さが増している」とし、判断を据え置いた。この表現は2カ月連続。