[中嶋よしふみ,ITmedia]

 先日から話題になっていたフジテレビ女子アナのステマ疑惑に、新しい問題が発生した。エステサロンを無料で利用していた女子アナとサロンとの間でトラブルが発生したという。

 4月にはフジテレビの複数のアナウンサーが美容室から無償でサービスを受け、その代わりに自身の写真を使わせていたとして「週刊文春」でステマ疑惑が大きく報じられた。

フジテレビ

 今回新たに発覚した問題は以下の通りだ。

 フジテレビ女子アナが、エステサロンで30万円分のサービスを受けた、その見返りに無償で写真の掲載を認めた、しかし今回のステマ騒動を受けて削除をエステサロンに依頼したが、削除してもらえず困っている、サロン側は宣伝の対価として無償サービスを提供したのだから、削除するなら代金を払えと対立している——。そんな状況だという。(フジテレビ・海老原優香アナに新たな“ステマ疑惑”、直撃に「友達付き合いの延長線上」2021/05/17 週刊女性プライム)

 言い分が食い違っている部分がいくつかあるものの、問題が発生していること自体は事実のようだ。各社の取材に対してフジテレビは、前回のトラブル同様、弁護士と相談したがステマに該当しないと回答している。

 筆者の見解は、フジテレビの回答通り「ステマ」ではなく「ステマ疑惑」でもなく、立派な金銭トラブルだ。

 なぜステマ疑惑が金銭トラブルに発展したのか? 前回・今回とも女子アナ個人が批判の矢面に立っているが、問題の原因はSNSの使い方を厳密に定めていなかったフジテレビにある。そしてステマ疑惑はさらなる深刻なトラブルに発展しかねないのだが、フジテレビを含めて多くの人がそれを認識していない。

 今回のトラブルは前回の記事「女子アナのステマ疑惑に揺れるフジテレビ グレーなステマの難しさ」で指摘した懸念が、そのまま的中しているような状況だが、改めてフジテレビの問題を論じてみたい。