東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長は25日の定例記者会見で、大会開催による新型コロナウイルス感染拡大を天皇陛下が懸念されていると、宮内庁の西村泰彦長官が「拝察」しているとした発言を受け「都民、国民の不安払拭に努め、安全、安心な大会開催実現へより一層の尽力をしていかなければいけない」と述べた。

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長

 事前合宿で来日したウガンダ選手団から新型コロナウイルス陽性者が出たケースを踏まえ、水際措置や感染防止策をより厳しくする必要があるとの認識を表明。「今回の例をしっかり検証して受け入れ態勢の参考にしていかなければいけない」と語った。(共同通信)