全国健康保険協会(協会けんぽ)沖縄支部は26日、国立病院機構琉球病院と共同で分析した「飲酒に関するアンケート結果と健診結果の分析(中間報告)」を発表した。それによると、男性の4割が生活習慣病になるリスクが高い飲み方をしている「問題飲酒群」と分類された。専門家は「全国と比べても高い割合。