社説

社説[五輪水際対策に「穴」]空港での態勢強化せよ

2021年6月28日 06:22

 「安全安心の大会を実現する」と言いながら対策のほころびが次々と明らかになる。これでは不安が増すばかりだ。

 東京五輪の新型コロナウイルス感染対策のことである。

 事前合宿のため、いち早く来日したウガンダ選手団から2人の感染が判明した。

 ワクチンを2回接種し、出国前の検査で陰性証明を得た上での来日だった。だが、成田空港での検疫で、選手団9人のうち陽性者が1人出て隔離された。

 問題は、他の8人が濃厚接触者と判定されないまま事前合宿地の大阪府泉佐野市まで貸し切りバスで移動し、滞在を始めていたことだ。

 そこでさらに1人の陽性が判明した。到着の4日後だ。

 空港検疫を直轄する国は、陰性だった選手らが濃厚接触者に該当するかどうかまでは判定せず、受け入れる自治体側に判断を委ねた。その対処に疑問を感じざるを得ない。

 対応が遅れ、選手団の8人ばかりか市職員や貸し切りバスの運転手、添乗員の計8人も濃厚接触者に認定された。

 大会組織委はコロナ対策で選手らの行動範囲を選手村や競技会場などに限定し、大きな泡(バブル)のように包んで外部との接触を遮断する「バブル方式」を採用している。

 来日する約1万5千人の選手と5万人余りの関係者が、バブル下で決められたルールに沿って行動することになっている。

 だが今回、市職員やバス運転手らを通して地域に感染が広がる可能性があったことをみれば、バブルには「穴」があいていたとみるのが自然だ。

■    ■

 東京五輪やパラリンピックのホストタウン事業には全国528自治体が登録している。コロナ禍で事前合宿の中止が相次いでいるものの受け入れ準備中の自治体も少なくない。

 しかし「入国ラッシュ」を前に歓迎ムードよりも不安が高まっている。この状況を解消するのは国の責務だ。

 組織委の幹部は27日のNHK番組で、濃厚接触が疑われる人は判定前でも隔離する必要があるとの考えを示した。選手団は日本までの長時間の移動を共にしており、当然のことだ。空港での態勢を強化してもらいたい。

 国は今回の事態を受け、ホストタウンの自治体向けの指針を改定する方針を固めた。陽性者が出た場合の自治体側の対応について手順などを明確化するという。

 役割分担を明確にすることは重要だが、自治体に負担がかかりすぎないよう国も積極的に支援すべきだ。

■    ■

 組織委が一時検討していた観客への酒類販売は、世論の反発を受けて見送られた。その動きを見ていると、市民感覚との間に大きな隔たりがあるのが分かる。

 開幕まで1カ月を切る中、東京では新規感染者数が増加傾向に転じ、感染力の強いデルタ株の広がりも不安要因になっている。

 重要なのは国民の命が危険にさらされるリスクを確実に減らすことだ。そのためにも実効性ある水際対策が欠かせない。

東京五輪 沖縄選手の記事一覧 ≫


沖縄県内の「新型コロナ」これまでの記事一覧

連載・コラム
記事を検索
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
注目コンテンツ
電子パズル「数独」
電子パズル「数独」
毎週日曜日に新しい問題を出題します。有料会員向けサービス。ちょっとしたスキマ時間にスマホやパソコンで頭の体操してみませんか?
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
新春 TOP INTERVIEW 2022
新春 TOP INTERVIEW 2022
沖縄経済の第一線で活躍する企業・団体の経営者に、新たな年を迎えるにあたっての抱負や展望、変化の激しい時代を見据えた今後の事業展開、地域貢献への思いなどをうかがいました。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
NewsVideo
NewsVideo
ニュースをわかりやすく 新聞社の動画で比較
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。
沖縄タイムスのイチオシ
フルカラーキャンペーン1カ月延長!
フルカラーキャンペーン1カ月延長!
2021年11月から実施の「フルカラーキャンペーン」の応募締め切りを、好評につき2022月1月31日(月)まで延長!「フルカラー賞」の各当選数を2倍にアップ!!
おきなわ 伊平屋島オンラインフェア
おきなわ 伊平屋島オンラインフェア
「特産品」はもちろん、観光や歴史を堪能できる映像コンテンツをお届け。2月4日から。
沖縄こども未来プロジェクト
沖縄こども未来プロジェクト
企業や個人のサポーターの皆様から頂いた支援金で、子どもたちの夢を後押ししています。
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
お世話になった方との最後のお別れはお別れを大事にしたい・・・そんなあなたのアプリです。
沖縄タイムス会社案内デジタル版
沖縄タイムス会社案内デジタル版
最新の会社情報や仕事内容を紹介。社長や若手社員から就活生へのメッセージもあります。
沖縄タイムス公式動画チャンネル
沖縄タイムス公式動画チャンネル
沖縄特有の動植物や、観光スポット、事件・事故、そして米軍基地問題まで、さまざまな情報を動画でお届けします。
沖縄タイムス社NIB講座実施のお申込みはこちら
沖縄タイムス社NIB講座実施のお申込みはこちら
新聞から得るジンブンはビジネスの最強ツール!新入社員研修やOFF-JTにNIB講座「新聞の読み方講座」はいかがですか?
お友達紹介キャンペーン!!
お友達紹介キャンペーン!!
沖縄タイムスをご紹介された方へ商品券5,000円を贈呈します。期間は12月1日~2022年2月28日まで。
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
howliveは沖縄タイムスが運営するシェアオフィス、コワーキングプレイス。抜群の立地と美しいデザイン、豊富な設備が特徴です。
沖縄タイムスのクラウドファンディング「Link-U」のプロジェクト一覧
沖縄タイムスのクラウドファンディング「Link-U」のプロジェクト一覧
問題解決に向けた挑戦を沖縄タイムスの「広報力」で後押しするクラウドファンディングサービス。プロジェクト検索はこちらから。
「ライトプラン」スタート
「ライトプラン」スタート
得する人生、始めよう!有料記事100本が読み放題。記事閲覧“爆速”体感を。