27日午前5時20分ごろ、沖縄県恩納村真栄田の県道6号で、米軍キャンプ・ハンセン所属の米海兵隊上等兵の男性(21)が運転する普通乗用車が、歩道にある電柱に衝突した。男性の呼気からは基準値の3倍を上回るアルコールが検出されたといい、石川署は今後、この男性を道交法違反(酒気帯び運転)容疑で書類送検する方針。

(資料写真)パトカー

 当時、車内には他の海兵隊員の男性(26)や、知人の会社員女性(25)=大阪府=が同乗していた。女性は頸椎(けいつい)骨折などの重傷、運転手の男性は右足に切り傷を負ったが、いずれも命に別条はない。