沖縄県議会(赤嶺昇議長)は28日の6月定例会で、うるま市津堅島の畑に米軍普天間飛行場所属UH1ヘリが不時着した事故に対する抗議決議と意見書を全会一致で可決した。

うるま市津堅島への米軍UH1ヘリ不時着事故に対する抗議決議と意見書を全会一致で可決する県議会=28日、県議会本会議場

 現場は民家から約120メートルしか離れておらず「一歩間違えば人命にかかわる重大な事故につながりかねなず、県民に不安を与えた」と指摘。

 これまでも、県議会として民間地上空での米軍機の飛行や訓練を中止するよう求めてきたとし「不時着は誠に遺憾で、容認できない」と批判した。

 両文書では①原因究明と公表②民間地上空での米軍機の飛行・訓練の中止③米軍機の整備・保守点検体制の徹底的見直しと再発防止④航空機騒音規制措置の夜間飛行訓練制限の厳格運用⑤日米地位協定の抜本的改定―を求めている。

 宛先は、抗議決議は駐日米大使や在日米軍沖縄地域調整官ら。意見書は首相、外相、防衛相ら。