プロ野球のマイナビオールスターゲーム2021のファン投票最終結果が28日に発表され、パ・リーグの先発投手部門でオリックスの宮城大弥(興南高出)が23万4046票を集め、1位で初選出された。2位の田中将大に11万8599票差をつけた。

(左から)西武の平良海馬、オリックスの宮城大弥、西武の山川穂高

 中継ぎ投手部門では、西武の平良海馬(八商工高出)が34万5771票で初めて選ばれた。一塁手部門では西武の山川穂高(中部商高―富士大出)が30万836票を集め、選出された。

【関連記事】「新人王、ちょっとだけ意識している」宮城大弥投手インタビュー