沖縄地方は大雨の影響で、本島各地で土砂崩れなどによる道路の通行止めが発生している。東村有銘では山の斜面が高さ約20メール、幅5~10メートルに渡って崩れ県道14号が通行止めとなっている。

大雨の影響で損壊し、通行止めになっている市道名護30号線=29日、名護市大東

 名護市大東の市道では路面が崩れ、通行止めとなっている。

 県警や日本道路交通情報センターによると、そのほかの雨による交通規制は次の通り。

【通行止め】名護市嘉陽の国道331号▽南城市大里仲間の県道86号
【片側車線規制】中城村の県道146号(成田山入り口付近)
【速度規制】沖縄自動車道すべての区間で50キロ