沖縄県警は29日、インターネットバンキングに不正にアクセスし総額5千万円以上を引き出したとして、不正アクセス禁止法違反の疑いなどで指定暴力団旭琉會の関係者らを逮捕した。午前7時40分ごろ、那覇署に暴力団関係者とみられる男が捜査員に連れられて入った。

(資料写真)パトカー

 県警によると、捜査は神奈川県警などを含む9県警の合同で実施。特別捜査本部は那覇署、豊見城署に置かれている。ネットバンキングへの不正アクセスによる送金額は計7千万円に上るとされる。逮捕者はこれまでで20人近くに上る。