新基地建設工事が進む辺野古を抱える沖縄県名護市の市議会(大城秀樹議長)は30日の6月定例会本会議で、米軍や自衛隊基地など安全保障上重要な施設周辺の土地利用を規制する「土地規制法」の即時廃止を求める意見書と決議の両案を、賛成多数(賛成13、反対11、欠席1)で可決した。県内11市では初めて。