静岡県熱海市伊豆山の大規模土石流で、県警や消防、自衛隊などは5日、現場一帯で泥に埋まった家屋の捜索や、がれきの除去などの復旧作業を続けた。発生から3日目。市は同日、新たに1人の死亡を確認したと発表。死者は計3人となった。負傷者は1人。流出家屋は少なくとも130棟で、市は4日時点で所在が分からなかった147人のうち34人の無事を確認したと明らかにした。住民基本台帳に基づき、残り113人の確認を急ぐ。

 土石流が発生した現場で捜索活動に当たる自衛隊員=5日午前7時58分、静岡県熱海市伊豆山

 市によると、新たな死者は高齢女性で、4日午後に搬送先病院で死亡が確認された。死者3人はいずれも女性。5日朝時点で計562人が市内2カ所のホテルに避難している。(共同通信)