沖縄電力(本永浩之社長)とりゅうせき(當銘春夫社長)は5日、「脱炭素社会の実現に向けた連携協定」を締結し、「環境負荷の低減に配慮したエネルギーの導入拡大や転換促進」などで連携することを確認した。現時点で具体的な取り組みは未定で、今後、両社で協議を進める。