沖縄県立中部病院で起きた新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)発表遅れの問題を巡り、県議会文教厚生委員会(末松文信委員長)は6日未明、玉城デニー知事を8日に開く同委員会に参考人として招致することを決めた。同病院で発生したクラスターについて質疑する。沖縄・自民の新垣淑豊氏が動議を提出。5対5の可否同数となり、委員長裁決で決まった。

(資料写真)沖縄県議会


 自民は感染者51人、死者17人の大規模クラスターが発生した真相究明と、県の新型コロナ感染症対策の在り方に関する決議案も提出した。与党が持ち帰り、決議案の取り扱いは今後の委員会で審議する。