【東京】加藤勝信官房長官は6日午後の会見で、辺野古の新基地建設に伴う沖縄防衛局のサンゴ特別採捕許可申請を巡り、農相が出した是正指示の取り消しを県が求めた訴訟で、最高裁が県側の上告を棄却したことに「農相の主張が最高裁にも受け入れられたと認識している」と述べた。

 また、「日米同盟の抑止力維持と普天間飛行場の危険性除去を考え合わせたとき、辺野古移設が唯一の解決策」との見解も改めて示した。
 加藤氏は、裁判官2人から、県側の主張を認める反対意見があったことについて...