沖縄県名護市辺野古の新基地建設に向けた沖縄防衛局のサンゴ特別採捕許可申請を巡り、農相が県に許可するよう是正を指示したのは「国の違法な関与」として県が取り消しを求めた訴訟で、最高裁第3小法廷(林道晴裁判長)は6日、県の上告を棄却する判決を言い渡した。裁判官5人のうち2人が反対意見を述べたが、3人の多数意見は農相の指示を「適法」とした一審福岡高裁那覇支部判決を支持、県の敗訴が確定した。(判決全文)

【関連】「木を見て森を見ず」反対意見の裁判官2人

【関連】沖縄県、反対意見を「追い風に」 政府は冷静

 林裁判長は判決で、県の判断は「護岸工事を事実上停止させ、これを適法に実施し得る沖縄防衛局の地位を侵害する不合理な結果を招来する」とした上で「社会通念に照らし著しく妥当性を欠く」と判示した。

 一方、宇賀克也裁判官と宮崎裕子裁判官は反対意見で、サンゴ移植の許可処分を行うには大半を軟弱地盤が占める大浦湾側で確実に事業が実施されることが前提になるなどと指摘。指示の時点で埋め立て変更申請は出されていなかったため「裁量権の範囲の逸脱または乱用とは言えない」とした。新基地を巡る訴訟で反対意見が出されるのは初。

 現在、県が審査中の埋め立て変更承認申請を巡り、...