7日午後3時45分ごろ、渡嘉敷村ナガンヌ島で「客1人が溺れた」と、島内の観光業者から118番通報があった。那覇海上保安部によると、シュノーケリング中だった福岡県久留米市の男性(67)が意識不明の状態で浦添市内の病院に搬送されたが、同日午後5時20分ごろ、死亡が確認された。

救急車

ナガンヌ島

救急車 ナガンヌ島

 那覇海保によると、男性は午後3時半ごろから同行者1人とともに浅瀬でシュノーケリングを開始。数分後、男性がせきをした後「浜辺に戻る」と同行者に伝えた。その後、泳いで浜辺に戻っていたところ、同行者が目を離した間に、うつぶせで浮いていたという。