沖縄タイムス+プラス プレミアム

<先島陸自配備計画の経緯と概要> 住民ら懸念 強く反発

2017年1月3日 13:48有料

 防衛省が南西地域の防衛力強化を目的に進める陸上自衛隊配備計画が大きく動いている。昨年3月に「与那国沿岸監視隊」を新設。下地敏彦宮古島市長は同6月、中山義隆石垣市長は同12月に受け入れを表明した。防衛省は両市で候補予定地を挙げ、作業を加速させたい考えだ。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気
沖縄タイムスのイチオシ