つかめ栄光 東京五輪

つかみ取ったたった1枚の切符 カヌースプリント孤高の挑戦者、當銘孝仁

2021年7月23日 10:28

[つかめ栄光 東京五輪23日開幕](4)

カナディアンシングルに出場する當銘孝仁。五輪本番に向け、最後の合宿で汗を流す=7日、漢那ダム

カヌー 試合日程

カヌー

カナディアンシングルに出場する當銘孝仁。五輪本番に向け、最後の合宿で汗を流す=7日、漢那ダム カヌー 試合日程 カヌー

 たった1枚しかない代表切符をつかみ取り、カヌースプリントの當銘孝仁(28)=沖水高-大正大出、三条市スポーツ協会=が東京五輪の舞台に立つ。5月の東京五輪代表選考会で、カナディアンシングル(C1)1000メートルの代表権を獲得。8月6、7の両日、新設された海の森水上競技場で「過去のどの五輪よりもレベルが高い」世界最高峰のレースに挑む。

 元々は沖水高の後輩・大城海輝(三重県スポーツ協会)とのカナディアンペア(C2)が本職。だが、アジア予選で僅差で敗れ、出場権を逃した。すぐに気持ちは切り替わらなかったが、周囲の励ましが背中を押してくれた。約3週間後の代表選考会を「下馬評を覆したかった」と大差で制し、C1での出場を決めた。

 シングルに専念した当初は「ペアと違って自分のリズムでこぐので全く別物。ペアからの切り替えは変な感じ」と違和感を抱いた。それでも代表選考会に向けて、「シングルのマインドになった。それしか生き残る道がなかった」と徐々に対応した。

 また、選考会前にはロンドン五輪8位入賞の阪本直也さんからパドルを借りた。水面にパドルを入れる角度をつけるため1~2センチ長く、水をかく面の幅も1センチ大きくしたもの。「試合前に普通は変えない。それでも変えないとだめだと思った」と決断し、今ではしっかりものにしている。

 7月5日、慣れ親しんだ宜野座村の漢那ダムで大会前最後の合宿をスタートさせた。まずは1週間を回復期に充て、翌週からは体に負荷のかかる強度の高いメニューに移る予定。本番前の最後の1週間は身体機能を維持しながら疲労を抜き、レースに備える。

 「生で見られる機会もない。会場に来られる人には雰囲気を楽しんでほしい」と期待を寄せていたが、無観客が決まった。それでも、自身が一生懸命にこぐ姿を見た人が、何かを感じてくれたら本望だ。

 東京五輪での目標は「自分がやってきたことをしっかり出すこと」。最終選考会では「国内大会ならやりたいようにできる」とスタートから飛び出し、レースを有利に進めた。五輪本番で、同じことを海外勢相手にできるかどうか。「自分はチャレンジャー。準備したことを全部できた時が一番うれしい」。こぎ続けた先に、カヌースプリント日本勢初の表彰台が見えてくる。(我喜屋あかね)

 とうめ・たかのり 1992年12月、糸満市生まれ。沖水高でカヌーを始め、3年の美ら島総体はC1の500メートルで初優勝。大正大2、3年でインカレC1の1000メートル連覇。2015年シニア日本代表に選ばれ、19年世界選手権に出場した。176センチ、76キロ。

東京五輪 沖縄選手の記事一覧 ≫

連載・コラム
記事を検索
注目コンテンツ
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
楽でお得でポイント高し!
楽でお得でポイント高し!
「オール電化」はセイカツをどうカエルのか?護得久栄昇先生がオール電化生活の安心・お得な魅力を探った。
”コトバチカラ”特設サイト
”コトバチカラ”特設サイト
人々を勇気づけるアスリートのコトバを発信している特設サイト
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。