社説

社説[ワクチン供給減]混乱収拾は国の責務だ

2021年7月11日 09:23

 新型コロナウイルスのワクチン接種を巡り全国に混乱が広がっている。国によるワクチン供給の減少が要因だ。

 必要な量が届かないとして、住民接種の予約受け付けを停止したり延期したりする自治体が相次いでいる。既に予約が入っていた1回目の接種をいったんキャンセルすると発表した市もある。

 県内でも希望する量と供給される量との間に大きな開きが生じた。7月19日から2週間分の市町村向け米ファイザー製ワクチンの供給量は110箱。県側が国に希望した約200箱の半分にすぎない。

 集団接種の停止を余儀なくされた町があるほか、多くの自治体で64歳以下へ打てる時期の見通しが立っていない。

 県が那覇クルーズターミナルに新設する3カ所目の広域接種センターも、予定していた15日開始は厳しいという。

 スピード重視で突き進んできたワクチン接種は、ここへ来て水を差され、住民にしわ寄せが及ぶ事態となった。

 国は自治体に配送済みで、まだ打たれていない「市中在庫」がかなりあるとみて融通するよう求めている。

 しかし自治体配分のファイザー製ワクチンは3週間の間隔で2回打つのが基本だ。自治体側からすれば1人に必要な2回分を確保できなければ、1回目の接種も進めにくい。融通には限度がある。

 「7月末までに高齢者接種を完了させる」「10~11月に希望者全員分を打ち終える」。ワクチン接種をコロナ対策の切り札とする菅義偉首相の発言を受け、自治体は接種態勢を拡充させてきた。在庫状況を詳しく調べるなど混乱収拾に努めるのは国の責務だ。

■    ■

 企業や大学が対象の職場接種も暗礁に乗り上げている。

 申請が殺到し、使用する米モデルナ製ワクチンの供給が追い付かなくなった。本格開始からわずか2日後、受け付けの一時停止が示され、再開のめどは立っていない。

 職場接種は医師や会場を自前で確保することや千人以上の規模が要件だったため、中小企業には不利な仕組みになっている。

 大企業がいち早く申請に動いた一方、中小企業がまとまって苦労の末に医師を確保した時には既に受け付けは停止していた、という事態が各地で見られた。反発の声が上がるのは当然だ。

 気になるのは、あおるような姿勢で接種の加速化を促しながら、途中ではしごを外す国の場当たり的な対応である。見通しの甘さが混乱に拍車を掛けていることを認識してほしい。

■    ■

 河野太郎行政改革担当相の安定性を欠いた発言も不信感を招いている。

 モデルナ製ワクチンについて、6月末までに4千万回分の供給を受ける契約があるとの一部報道に対し「完全に誤報だ」と強く否定し、後日一転して認めた。一方で調達したのは契約分の半数以下にとどまったとも明らかにした。

 供給量が変われば調整が必要になり自治体の負担も増す。どれだけ供給できるのか正確な情報の提示が求められる。必要量の確保も急ぐべきだ。

沖縄県内の「新型コロナ」これまでの記事一覧

連載・コラム
記事を検索
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
注目コンテンツ
電子パズル「数独」
電子パズル「数独」
毎週日曜日に新しい問題を出題します。有料会員向けサービス。ちょっとしたスキマ時間にスマホやパソコンで頭の体操してみませんか?
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
新春 TOP INTERVIEW 2022
新春 TOP INTERVIEW 2022
沖縄経済の第一線で活躍する企業・団体の経営者に、新たな年を迎えるにあたっての抱負や展望、変化の激しい時代を見据えた今後の事業展開、地域貢献への思いなどをうかがいました。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
NewsVideo
NewsVideo
ニュースをわかりやすく 新聞社の動画で比較
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。
沖縄タイムスのイチオシ
新聞配達員募集
新聞配達員募集
お住いの地域周辺で、空いている時間を活用して働いてみませんか?
「この本を読みましょう」おすすめ図書
「この本を読みましょう」おすすめ図書
大手6出版社のおすすめ図書を紹介。県内書店でぜひ手に取ってみてください。
問題解決型メディア・プラットフォーム「Link-U by OKINAWATIMES」
問題解決型メディア・プラットフォーム「Link-U by OKINAWATIMES」
クラウドファンディングに加え、セミナー・コミュニティー事業を通じ、現状を変えようと挑むすべての「リーダー」たちを後押しします。
おきなわ 伊平屋島オンラインフェア
おきなわ 伊平屋島オンラインフェア
「特産品」はもちろん、観光や歴史を堪能できる映像コンテンツをお届け。2月4日から。
「ライトプラン」スタート
「ライトプラン」スタート
得する人生、始めよう!有料記事100本が読み放題。記事閲覧“爆速”体感を。
沖縄こども未来プロジェクト
沖縄こども未来プロジェクト
企業や個人のサポーターの皆様から頂いた支援金で、子どもたちの夢を後押ししています。
沖縄タイムス会社案内デジタル版
沖縄タイムス会社案内デジタル版
最新の会社情報や仕事内容を紹介。社長や若手社員から就活生へのメッセージもあります。
お友達紹介キャンペーン!!
お友達紹介キャンペーン!!
沖縄タイムスをご紹介された方へ商品券5,000円を贈呈します。期間は12月1日~2022年2月28日まで。
沖縄タイムス公式動画チャンネル
沖縄タイムス公式動画チャンネル
沖縄特有の動植物や、観光スポット、事件・事故、そして米軍基地問題まで、さまざまな情報を動画でお届けします。
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
howliveは沖縄タイムスが運営するシェアオフィス、コワーキングプレイス。抜群の立地と美しいデザイン、豊富な設備が特徴です。
フルカラーキャンペーン1カ月延長!
フルカラーキャンペーン1カ月延長!
2021年11月から実施の「フルカラーキャンペーン」の応募締め切りを、好評につき2022月1月31日(月)まで延長!「フルカラー賞」の各当選数を2倍にアップ!!