落選を知り悔し涙を流す畑井モト子さん=12日午前1時ごろ、那覇市松尾
落選を知り悔し涙を流す畑井モト子さん=12日午前1時ごろ、那覇市松尾

「怖かったけど、初めて本当の自分を出せた」LGBTQだと公表した候補 那覇市議選で及ばず涙

2021年7月12日 7:17有料
政治

 那覇市議選に立候補した無所属新人の畑井モト子さん(41)は、沖縄県内の選挙で初めてLGBTQ(性的少数者)であることを公表して立候補した。生きづらさを抱える人たちに寄り添い、多様性を尊重する社会の実現を訴えたが、及ばなかった。「結果は残念だったが、初めて本当の自分を出せた。

▶候補者の政策を分かりやすく紹介。那覇市議選の特設ページはこちら
https://www.okinawatimes.co.jp/feature/nahasigisen2021


【あわせて読みたい】

私たちの声を政治に届ける大切な手段の一つが、選挙です。でも、その仕組みやルールは多岐にわたり、実はよく分からないという人も少なくないはず。そんな選挙にまつわる疑問や「そもそも」に答えます。

関連ニュース

体は女性、心は男性 ネット検索で知った本当の自分 悩み「治療したい」と東京へ

「パパさんは女の子になりたいの?」 結婚19年目、妻に背中押され歩み出した自分らしい道

[大弦小弦]性の多様性 障がい者と手を取り合って