つかめ栄光 東京五輪

リオ4位「五輪での悔しさは五輪でしか晴らせない」 努力を証明する舞台に 重量挙げの糸数陽一

2021年7月23日 10:27

[つかめ栄光 東京五輪23日開幕](5)

リオデジャネイロ五輪の悔しさを晴らそうと、東京でのメダル獲得を誓う男子61キロ級の糸数陽一=2020年12月、新潟県のニュー・グリンピア津南体育館

重量挙げ 試合日程

重量挙げ

リオデジャネイロ五輪の悔しさを晴らそうと、東京でのメダル獲得を誓う男子61キロ級の糸数陽一=2020年12月、新潟県のニュー・グリンピア津南体育館 重量挙げ 試合日程 重量挙げ

 重量挙げ男子61キロ級で、2大会連続出場する糸数陽一(30)=豊見城高-日大出、警視庁=にとって五輪とは「今までお世話になった方たちに恩返しできる、これ以上ない最高の舞台」だ。2016年のリオデジャネイロ五輪は4位で、メダルを取れなかった悔しさはあるものの「五輪の素晴らしさや価値を知ることができた」。今夏、5年ぶりのひのき舞台で表彰台を目指す。

 東京五輪の開催を信じ、ひたむきに競技と向き合ってきた。コロナ禍で昨年2月、出場予定だった国際大会が出発直前に中止となった。「ここ最近で一番調子が良かった。確実に日本記録が出る」と実感していたさなかの出来事。その後決まった五輪延期に「まじか」と思うこともあったが、バーベルからは離れられなかった。

 原動力になったのは「重量挙げが、ものすごく大好きだということ」。誰も挙げたことがない重量に挑戦できる。どこまで強くなれるのか、自分の可能性を追求することにもつながる。飽き性の自分が、唯一人生の半分をささげたのが重量挙げだ。「試合で結果を残すだけじゃない。一生のスポーツとして、できる限りやっていきたい」と話す。

 減量苦や、30歳になって年々けがも増えた。練習時間は短くなった一方、質は向上した。「年を重ねて勢いは年々なくなっているかもしれないけど、積み上げた経験は失われるものじゃない」。何も考えずにただ練習した日は一日もない。だからこそ「東京五輪が、この1年は無駄じゃなかったんだよと証明する舞台になれば」と語る。

 リオ五輪はわずか3キロ差で表彰台を逃した。常々口にしてきたのは「五輪での悔しさは五輪でしか晴らせない」ということ。東京五輪はメダルを狙い、自身が持つ日本記録(298キロ)を上回るトータル302キロを狙う。

 10日の記者会見で、「今は302キロにほぼ近い重量を触れている」と自信をにじませた。メダル獲得には、6本の試技を全て成功させることが鍵になる。実現するには「本数は世界で戦う上でとても大事。これまでやってきたことしか試合で出せない」と、今まで通りに日々のトレーニングを積み重ねるだけだ。

 「支えてくれた方々への恩返しの意味を込め、最高のパフォーマンスがしたい」と意気込む糸数の大一番が25日、東京国際フォーラムで幕を開ける。(我喜屋あかね)

 いとかず・よういち 1991年5月、南城市(旧知念村)生まれ。久高中2年で競技と出会い、旧階級の62キロ級でリオデジャネイロ五輪4位、2017年世界選手権2位。61キロ級でスナッチ135、ジャーク164、トータル298キロの日本記録を保持。160センチ。

東京五輪 沖縄選手の記事一覧 ≫

連載・コラム
記事を検索
注目コンテンツ
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
楽でお得でポイント高し!
楽でお得でポイント高し!
「オール電化」はセイカツをどうカエルのか?護得久栄昇先生がオール電化生活の安心・お得な魅力を探った。
”コトバチカラ”特設サイト
”コトバチカラ”特設サイト
人々を勇気づけるアスリートのコトバを発信している特設サイト
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。