米軍普天間飛行場内に保管されている有機フッ素化合物PFOS(ピーホス)を含む汚水を下水道に放出する計画を巡り、在沖米海兵隊は沖縄県や宜野湾市への説明で、保管し続けることによる事故のリスクを低減する必要性を強調した。