沖縄科学技術大学院大学(OIST)と高知大学の研究チームはこのほど、造礁サンゴのウスエダミドリイシの培養細胞が、光合成藻類「褐虫藻」を取り込む観察に世界で初めて成功した。元々、サンゴと褐虫藻は共生関係を築いているが、水温の上昇などで褐虫藻を失うとサンゴが「白化」する。