国内で絶滅したと思われていた水生昆虫タイワンコオイムシが、56年ぶりに沖縄県の石垣島で再発見された。確認された個体は体長1・6センチのメスで、石垣島では初めての採集例という。九州大学の鹿野雄一准教授と福岡県保健環境研究所の中島淳専門研究員の共同研究で、このほど学術誌「Fauna Ryukyuana」に掲載された。台風時などに台湾などから飛来した可能性もあるとして、同大学などが詳しく調べている。

石垣島の川平湾=2019年(小型無人機で撮影)

国内では56年ぶりに石垣島で発見された体長約1・6センチのメスのタイワンコオイムシ(ffish.asia提供)

石垣島の川平湾=2019年(小型無人機で撮影) 国内では56年ぶりに石垣島で発見された体長約1・6センチのメスのタイワンコオイムシ(ffish.asia提供)

 コオイムシは湿地や田んぼなどに生息するカメムシの仲間で、北海道から九州に分布し、雄が卵を背中に付けてふ化するまで保護する習性で知られる。一方、タイワンコオイムシは台湾をはじめ東南アジア、南アジアのほか、国内では与論島と沖縄本島に生息していたが、1958年に採集されたのが最後で、環境省のレッドリストで絶滅危惧1A類に分類されている。

 稲作の水田からサトウキビ畑への転作が進んだことなどで湿地環境が激変し、国内では絶滅したと考えられていた。

 鹿野准教授が2014年に淡水魚の生息調査で石垣島を訪れた際、石垣市名蔵の湿地で魚とともに偶然、採集。研究室で冷凍保存していた個体を昨年、水生生物に詳しい中島氏に調べてもらったところ、タイワンコオイムシだと判明した。

 八重山諸島では台風によっていろいろな昆虫が飛来してくるという中島氏は「ダム用地など立ち入りできず、調査できていない湿地で生息している可能性がある」と推測している。