[明言深聞 ずばり答える、本音を探る]

 県信用保証協会(沖縄県)の新たな会長に岩井健一氏が就任した。同協会は、金融機関の融資を保証して中小事業者の資金繰りなどを支援。コロナ禍で経営環境の厳しさが深刻化する中、事業支援を強化している。事業者の現状や先行き、抱負などを聞いた。(聞き手=政経部・川野百合子)

 ーー前年度は保証承諾額が過去最高となった。本年度の第1四半期はどうか。

 「前年度はコロナの影響で資金需要が急速に拡大した。主に実質無担保、無利子のコロナ関連融資(ゼロゼロ融資)に対する保証承諾額と、これまでの累計に当たる保証債務残高は協会創立以来の最高額となった。前年度末までに受け付けたゼロゼロ融資の融資実行が、5月まであったことから、本年度の第1四半期もゼロゼロ融資への保証がメイン。保証承諾件数は前年同期比24・9%の1438件、保証承諾額は29・7%の248億7207万円にとどまった」

 ーー現状と先行きの分析を。...