玉城千春さんが夢をかなえてきた自身のストーリーを、歌を織り交ぜながら紹介する特別授業には企画の趣旨に賛同した36の企業・法人が「未来づくりパートナー」として協賛している。未来づくりパートナーの活動を紹介していく。

食料への理解を深めてもらおうと実施している親子農業体験学習=2020年10月

地産地消運動を推進 県農業協同組合(JAおきなわ)


那覇市、普天間朝重理事長)

 JAおきなわは「あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する」というSDGs活動を展開する。
 食料・農業への理解促進を目的に、各支店やJA青壮年部による親子農業体験学習や学校給食への食材提供、小学校への地場産農産物の贈呈などを実施。JA女性部では、高齢者施設や社会福祉協議会などに、自慢の手作りみそや、手作りマスクを寄贈した。
 コロナ禍の中で、食料の安定供給の観点から、JAグループが提唱する「地産地消」と「国消国産」運動に取り組んでいきたい。